スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまになって

いまになって気付きました。
ああ!「うたとギター」が無い!

もう何年も月の終わりの恒例になっていましたので
無くなるなんて無いと大いに油断もしておりましたので
大変なショックでございます。
これまで来てくださった皆さんや
ずっと好きにさせてくれたハライソのさっこちゃんとゆっきに
ほんとに感謝しております。
ありがとうございます。

再びの僕の音楽の始まりがここ、ハライソからなのです。
ここでおしまいにならないよう、続けていこうと決心しました。

20130427うたとギター


いろいろ書きたいのですが、
思うところもあり、いまはアルバムの製作にこころを向けます。
リリースが済んだらね、どこかでやるよ。
形を変えたり、場所を変えたり。
続けていきたいと思っています。

とにかく、レコ発イベントまで頑張ります!

8/11(日曜日)ネガポジ(京都)

駆け抜ける!
スポンサーサイト

最近考えていること。

呟いていて思いついたことをこちらに。

曲作りやその他、何かを作っているときのこと。
ふわっと浮かんだイメージに「お、これだ」と共感できる瞬間があって
(自分自身に共感するというのも変だけれど)
問題はそいつをイメージどおりにどう捕まえるか。ということ。
思考は言葉や文字とは全く異なるもののようで
うっかり口に出してしまうととても限定的な形で固まってしまい
もう元にはもどらない。
紙に言葉で書くほうがずいぶんましだけれども
それさえ元のイメージと比べればとても限定的なものになる。
ではどうするか。
じーっと時間の許す限り思考のまま失わないように待つのです。
壊れやすい大き目のシャボン玉のようなそれをそーっと
そしてあるときそれの芯のような部分、核のような部分が見えればしめたもの
ここは限定的でいいのです。その核を言葉でさっと書き留める。

許せないことを幾つも抱えて生きていて
そいつに火をつけて見たこともないよな色で燃やします
そんなうたをうたいたい。ステージをみんなに見せたいと思っているところ
なかなかこれが難しく手元を火傷するばかり。指を火傷してばかり。

暗めのうたならお手の物
なぜならそれは自分の中に暗いところを見つけたからです
ほしい形があれば先ずそれを自分の中で探して見つけなければならない
そして誰しものなかにたいていのものはあるということに気づいた
そいつを探して見つけ出せるかどうか
引っ張り出してこられるかどうかなのね
これはおおきな発見かもしれません

最近はこんなことを考えていました。
おわり

新年あけましておめでとうございます。

ブログをなんとか癖にします。
みなさんあけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

そうだね。こちらこそ今年もよろしくね。まほれ一杯やんなよ。で、どうだいあっちは。すすんでる?

なんて声が聞こえますよ僕には。
脳内に直接。
しかしリアルでは全く聞こえません。
「今ね、CD作ってるんだ僕ちゃん。」
「あ、そうなん。ふーん。」
という感じです。
ははーんそういう感じか。
そういう感じでプレッシャーをね。
やるなお主ら。泣くよ。

悔しいのでもう言わないようにしていますが、ぼちぼち進んでます。
ただ、やはりアレンジの方向や選曲に悩みが尽きない。

僕にはまごうことなき信念を持った表現者のように、一本筋の通った出音がありません。
昔取った杵柄がおいらを阻むのか。
引き出しが多いなんて、探すところが増えるだけやんかもう。
狙うは一曲なのに3っつも4っつもしたいことがある。
作っては壊しの砂場の子供。
ライブの様にコツーんと一刀彫!というわけにはいかない。
ああ、純粋なリスナーでいればよかった。。と要らぬ後悔の毎日を一喜一憂過ごしているところに、日が差したり雨が降ったり。

兎に角、ミニアルバムの体制で作っています。
内容は6局ってなんで6きょくと打って6曲というのが変換候補に無いのiPhoneは!失礼。6曲程度にしようと思っています。
「あんたこれだけはCDに収録しいな。」って曲があれば耳打ちしてください。
ポケットにいれて飲み屋のカウンターや河原に持ってって考えてみます。

うちのマンションの裏の大きな建物の新築工事が始まったので、自宅録音は終わり。
どこか静かなところで続きを録ります。
なかなか楽しくも何処か勝者なき戦いを続けるような時間。
自分の一つの区切りになりますように。
では。

「大晦日」

こんにちは。
お久しぶりです。
もういろんなことしすぎて、何が何だかわからなくなりつつあるこの頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
僕は元気です。
あ、自分の事を少し書いてみようと思いこちらに。

「うたとギター」は続きます。
思えば3年前だか4年前だかの大晦日、ハライソで「うたとギター」は生まれました。
最初は僕自身のリハビリのためにw
沢山のお客さんやミュージシャンと触れ合ううちに、世界はどんどんどんどんと広がって、その世界が広がるに連れ、僕自身の世界の狭さをグイグイと実感させられていまこの辺りです。
ギターを弾く理由も、歌う理由も僕にはわかりません。
目の前の猫につい手を出すようにギターを触ります。
雪の中に生きる小動物のことや、薄く氷のはった水の下にじっといる魚のことをぼんやりと考えたりしているうちに、全然関係のない(と思うしかないような)言葉たちがでてきて、割といつの間にか歌になります。
そうしてできた歌は、歌っているうちにみるみる姿を変えて、誰かの心に残ったり、僕に忘れられたりします。
でね、何が言いたいかというと、CDを作ろうと思うのです。
このお正月にねちねち作業をしてみます。
春にみなさんに聞かせられたらいいなと思っています。
本当は褒められて伸びる方だと思いますが、どうかみなさん僕にプレッシャーをかけてください。
アルバムタイトルは何だろう。

もうすぐライブ

なのに、なかなかいろいろなことが進まない。
んー結構手際よく動いているつもりなのですが・・。

さて、今回の「うたとギターとクラリネット」(8/30@ハライソ)で思うこと。

ニコらんでしっかりとクレズマをやろう!ってことです。
ニコちゃんも僕もクレズマばかりでは代わり映えが無いように感じていて、
ここ最近は映画音楽やクラシックの曲を多く演奏していました。

が、やはりニコちゃんのクラが一番光るのはクレズマ。
ということにあらためて気づきました。
なにしろ「ニコらん」はニコちゃんをどれだけ見せるか、ってユニットなのです。
(と勝手に考えています。自称ニコらんディレクターとして笑)
やりますよ。クレズマ。
ぶんちゃぶんちゃぶんちゃぶんちゃ・・

それから弾き語り。
少しずつ増えてきたカバー曲やオリジナルの曲を今一度、ものにしたい。
できることをやっているつもりですが、
それだけじゃなくて、
やっぱり僕にしかできない歌にしたいなあ。
なんて漠然と考えてます。
むやみに増えた(とは思いたくないが、)新ネタに飲まれない様に。

よーしやるぞ。
今週末にフライヤーの印刷が上ります。
(お盆でうかれておくれました。ごめんなさい。)
どこかでみかけたら、拡散してください!
プロフィール

中井大介

Author:中井大介
シンガーソングライター。レーベル「On The Corner Records(オンザコーナーレコーズ)」代表。
中井大介ホームページは→コチラ
オンザコーナーレコーズのホームページは→コチラ

twitter
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。